×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぼくらの転校生ゆきちゃんのフランキールーム

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.エターナルダークネス
2.小椋ケンイチ
3.Bengal
4.教えてgoo
5.甲斐谷忍
6.ちょびっツ
7.西川貴教
8.南原
9.第一生命
10.バンパイヤ

DEAR BOYS ACT3(6) (講談社コミックス 月刊少年マガジン) 前巻まであまり白熱感ありませんでしたが、今巻でやっと
戦いが動き出した感があります。三浦が表紙になっていることから
察しの良い方はすぐわかるかと思いますが、やはり困った時の三浦です。

必殺ロングスリィがやっと火を吹き始めました。
また、石井も何かをつかんだようです。
昔は足を引っ張っていたことを気にしていた6番8番コンビがこれだけの
大活躍をする日が来ようとは、、、。目頭が熱くなりましたよ。

もはや哀川藤原頼みのチームじゃなくなりましたね。
作者の各キャラへの思いの強さが感じられます。ただ高階をもうちょっと
立ててほしいところ。それとやはり哀川君にもっと活躍して欲しいです。

さて、試合も今巻で第4クォーターへ。恐らく次巻で決着が着くでしょう。
あえてマガジンを読んでいない自分としては、次が楽しみです。

蛇足:前巻のレビューでも触れましたが、同じカットの使いまわし多すぎです。
   セリフだけ変わってるんで表情と合ってない時もあり違和感あります。
   月刊誌なんですからそこは頼みますよー。


ペルソナマガジン#02 2012年 01月号 [雑誌] #1に続いて#2も買いました!
アマゾンさんもいつも売り切れですが運良く買えました!

まず表紙がカッコイイ!それだけで買った甲斐あり。
さわやかな笑顔が陽介らしいです。

内容はペルソナアニメ七話までのダイジェストとか
マヨナカアリーナ、ゴールデンの内容も触れたり、
P3とP4のアルカナ、コミュ、タロットカードの由縁などを細かく解説してたりと
読み応えあり。

陽介主人公のコミックmagician,
陽介の声優さん森久保祥太郎さんのインタビュー,
キャラクター花村陽介の解説
などなど、まさに陽介ずくし!
まさに陽介マガジンです(笑)

あと個人的に巻末の4コマが大好きで
コミックス化楽しみにしてます☆


ニーチェ入門 (ちくま新書)  著者がニーチェの言わんとしてることを読者に伝えようとする熱意がひしひしと感じられました。そしてちゃんと伝わってきます。適材適所でニーチェの言葉を引用していて、そこら辺(どこら辺?)のかったるい入門書とも一味違います。
 ニーチェ哲学の根っこは<力への意志>だったんですね。この概念は現代人にはすごく受け入れやすい。そしてこれを飲み込めれば、巷で一番目に付く<超人>や<永遠回帰>というニーチェのプロジェクトがすんなり受け入れられる。そしてそのプロジェクトのために先ずニーチェがやったのが<ルサンチマン批判>だったんですねぇ。
 やぁ、わかりやすかった。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!